ホーム くらし お店・施設 企業 団体 個人 ギャラリー 登録 利用方法
 ホームかしわのタウンニュース > ニュース詳細(NO.1256)

かしわのタウンニュース




NO.1256



柏市民文化会館で成人式!柏市内で4300人が新成人に!
(2006年1月9日)


 「平成18年柏市新成人のつどい」(成人式)が、冬晴れに恵まれた1月9日の成人の日、午前・午後の2回に分けて柏市民文化会館大ホールにおいて行われ、約3,000人の新成人が参加した。

 今年柏市内で新成人となったのは約4,300人。会場に入りきれないので、例年どおり午前・午後のの2回に分けて行なわれた。今年は午前中が常磐線より南側に居住する新成人、午後が常磐線より北側に居住する新成人を対象ノ案内が出された。午前・午後とも1,500人を越える新成人が入場、会場ではホールに入りきれない人たちがロビーに溢れるほどの盛況ぶりであった。

 当日午後の部では早くから新成人たちが続々と会場の柏市民文化会館に集まり、会館前の広場は開始1時間前には既に満杯の状況。男子は背広姿が一般的であったが、女子は晴れ着を着た和服の新成人が多かった。久し振りに昔の友達に再会し、あちこちで歓声をあげたり、記念写真を撮る姿が見られた。

 このつどいは例年その年に新成人になる人たちで実行委員会を作り、企画・運営されている。従って内容は毎年変わっている。所謂、型にはまった成人式ではないのが特徴。

 午後の部のつどいは午後2時にスタート。第1部は式典であった。大ホールの緞帳があがり、新成人男女2人の司会者が登場。開会が宣言された後、最初は本多市長の式辞。「これまで育ててくれた両親をはじめまわりの人達への感謝の気持ちを忘れないように!」との熱いことばが述べられた。続いて記念品(記念誌)の贈呈式。記念誌は実行委員会が企画・取材・編集したもので「あの頃 その時 この瞬間〜柏と歩んだ20年〜」と題して20年の思い出がぎっしり詰まっていた。贈呈式の後は豊四季中出身の田中友香里さんにより新成人代表の言葉が述べられた。そして閉会が宣言され、第1部が終了。

 その後、第2部のアトラクションに移り、最初に実行委員会で企画した『20年を振り返る』のビデオが上映された。新成人が誕生した20年前から現在に至る各年代の出来事や流行を順番に映し出し、これまで歩んできた20年間の自分たちの思い出を懐かしく振り返った。『20年を振り返る』が終った後、柏出身の有名バンド『Something Else』から柏の新成人に向けてのビデオメッセージが上映された。

 続いては恒例の大抽選会。司会者の2人に加えて実行委員会メンバー全員がステージに並んだ前で、各賞ごとに指名された新成人が抽選を担当。入場の際に提出した入場カードが入った大きな抽選箱から次々と入場カードが引かれました。住所と名前が読み上げられるたびに会場のあちこちで大歓声があがった。賞品は、1等がiPodnano1名、2等が2万円分の旅行券2名、3等がディズニーランドペアチケット4名、4等が千円分のクオカード10名であった。

 抽選で会場が盛り上がったところではあったが、残念ながら予定の終了時間午後3時となってしまった。新成人たちは続々と大ホールから外へと出てきた。
 しかし、新成人たちは久しぶりに昔の友達と出会えたこともあってか、殆どが文化会館前の広場から帰ろうとせず、話に花を咲かせていた。


会場内は新成人で満杯。入れなかった人も多い。


本多市長の式辞。


ビデオ上映では各年ごとに出来事や流行を映像で紹介。


恒例の大抽選会。


終了後の会場前広場は新成人で一杯。



 柏市・風来坊




利用方法 |  登録 |  リンク方法 |  免責事項 |  問い合わせ |  会社概要
Copyright(C) Buckeye Web Services, Inc. All rights reserved.