ホーム くらし お店・施設 企業 団体 個人 ギャラリー 登録 利用方法
 ホームかしわのタウンニュース > ニュース詳細(NO.1122)

かしわのタウンニュース




NO.1122



「第51回柏市文化祭」、オープニングセレモニー開催!
(2004年10月16日)


 10月16日(土)の午後、アミュゼ柏において、「第51回柏市文化祭」のオープニングセレモニーが行われ、今年度の文化祭の幕が切って落された。今年の文化祭のテーマは、人と人との和を広げ、さらに躍進し、未来に夢をつなぐことを願い、「和・夢・未来」。

 2階のクリスタルホールでは、柏市教育委員会および実行委員会からの挨拶があった後、吹奏楽、民謡・民舞、洋楽、日本舞踊の舞台公演が行われた。
 吹奏楽では、来年合併する沼南ャから沼南ウインドアンサンブルとひまわりウインドオーケストラが合同でゲスト出演し、「コヴィントン広場」および「スラブ行進曲」の素晴らしい演奏を披露。
 民謡・民舞では、柏市民謡協会によって地元の民謡「布施弁天記」が上演された。最近歌詞が発見されたのを機会に曲を付け、今回の披露になったそうである。その後、柏市民踊連盟によって「真室川音頭」および「山中節」が披露された。
 洋楽では、最初に、English Club PEC & フルート音楽研究会「銀の夢」によって「三びきのやぎのがらがらどん」および「やぎのおどり」が英語および日本語のナレーションとフルートの演奏という新しい試みが上演された。続いて、バレエ音楽「くるみ割り人形」から選ばれた曲が、背景の素晴らしい影とともにピアノ連弾、二重唱、合唱の形で演奏され、多くの聴衆に感動を与えた。
 最後の日本舞踊では、柏市日本舞踊連盟によって「日本舞踊春夏秋冬」として「春雨」「川開き」「萩桔梗」「三つの車」の素晴らしい舞踊が披露された。

 また、1階の市民プラザでは、園芸生花、手工芸、書道、美術、写真等の総合展示が行われていた。中にはパナマの伝統工芸からヒントを得たという珍しいパッチワークなども並んでおり、いずれも素晴らしい作品の連続であった。この展示会場でも、沼南町のグループによるゲスト展示があり、布で作られた華やかな花々が披露されていた。展示会場入口では柏茶道会および柏市茶の湯協会によるお茶会も催された。なお、これらの展示は17日(日)まで行われている。

 このオープニングセレモニーが過ぎると市内各地で行われる文化祭はいよいよ本格的な展開となる。市民文化会館、アミュゼ柏、中央公民館、市民ギャラリー等を利用して柏市文化連盟所属のサークルや一般市民が毎日のように各種の文化行事を行なっている。また、各地区の近隣センターでも地区文化祭が華々しく行われる。12月5日までは、毎日どこかで文化行事が行われているので、一般市民の方々もぜひ足を運び、芸術・文化の秋を楽しんでいただきたいと思う。 



バレエ音楽「くるみ割り人形」の合唱。背景も素晴らしかった。


日本舞踊「春(春雨)」。


1階市民プラザでの生花・手工芸・書道・美術・写真の展示。



 柏市・風来坊




利用方法 |  登録 |  リンク方法 |  免責事項 |  問い合わせ |  会社概要
Copyright(C) Buckeye Web Services, Inc. All rights reserved.