ホーム > かしわの環境

かしわの環境
  

環境情報としては大気、水、土壌、騒音、廃棄物等があります。
ここでは「緑と水のまち」を標榜する柏市にとって最も大きなウエイトを占める手賀沼の水質について掲載しています。
 
手賀沼の水質の推移
  
底が透き通って見えるほど水が澄み、夏には子供たちが泳いで遊んだほど美しく豊かな沼だった。 しかし、流域の人口が増え、流入河川から大量の汚濁物質が沼に流れ込み、またそれらを餌とするプランクトンが大発生することによって、昭和47年(1972年)頃から沼の水質が急激に悪化、全国一汚れた沼として有名になった。
その後、流域での下水道の普及を急ぐとともに、沼底の浚渫や流入河川に浄化装置を設置するなどして沼の水質はやや改善の方向に進んだ。更に、平成12年(2000年)には「北千葉導水路」が完成し、利根川の水を大量(10?/秒)に放流し始めたことによって、水質は急激に改善し、翌年度には全国一の汚名は脱した。
しかし、その後もワースト10位以内を出入りする状況で、全国的に見て未だ水質の悪い状態のままである。流入河川の水質も良くなっているのに、沼の中で水が通過する間に水質が悪化している模様である。

手賀沼の水質の推移



手賀沼の水質推移データ



手賀沼の水質の調査地点による違いおよび流入河川の水質



【参考:手賀沼の水の流れ】

  大堀川⇒⇒手賀沼⇒⇒手賀沼⇒⇒手賀沼⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒手賀沼⇒⇒利根川
    ⇑       ⇑    (根戸下)   (中央)     ⇑     ⇑  (布佐下)
    ⇑       ⇑      ⇑       ⇑       ⇑     ⇑
(千葉北導水)(千葉北導水) 大津川   染井入落 下手賀沼 亀成川
                                  ⇑
                                金山落



【参考:手賀沼の風景】




利用方法 |  登録 |  リンク方法 |  免責事項 |  問い合わせ |  会社概要
Copyright(C) Buckeye Web Services, Inc. All rights reserved.